はなえも

Flowers in heart

オブジェ

こんにちは。

毎日暑いですね💦

 

先日、ヘッドスパで「頭皮がむくんでる」と言われました💦

なんかちょっとショックでしたが😅

担当の方曰く「マスクをしてると呼吸が浅くなって、血流が悪くなる」のだそうです。たまに意識して深呼吸したほうが良さそうですね😊

 

さて、今週の生花アレンジメントコースは、花のタワー「オブジェ」を作りました。ネーミング通りの、存在感のあるアレンジメントです。

 

テキストでは、てっぺんにまっすぐ立てているガーベラ。

茎の曲がりが強いときは、インソーションメソッド(長いワイヤーを茎の切り口から差し込んで、花首まで通す)をする場合がありますが、まっすぐ立てることにこだわらず、その花の特徴をそのまま活かすことを提案させていただきました。

 

f:id:flonjun:20200712131310j:image

Kさんの作品。

 

f:id:flonjun:20200712131315j:image

Kさんのガーベラは特に曲がりの強いものでしたが、あえてその曲がりをアクセントにされました。


f:id:flonjun:20200712192608j:image

また、タニワタリの後ろに挿した2枚のハラン。その斑がとてもきれいだったので、正面から見えるように左に少しずらしました。

(写真は斜め左側から撮ったもの)

 

 

f:id:flonjun:20200712193442j:image

こちらは、Tさんの作品。

同じくガーベラの曲がりをそのまま活かし、タニワタリの脇からチラッと覗かせました。

 

 

f:id:flonjun:20200712194814j:image

続いて、御年87歳のTaさんの作品。

 

今回の「オブジェ」の特徴は、タニワタリの葉にあけた穴から花の顔を出すという斬新さ。

本来なら、顔を出した花はタニワタリの後ろでフォームに挿して水分補給をさせてあげるのですが、Taさん、ガーベラの顔を出すことに集中しすぎて、うっかり茎を短く切ってしまいました💦

 

5cmほどになってしまったガーベラ。

この高さからはフォームに届かず、水分を吸収することができません。

 

 

f:id:flonjun:20200713080921j:image

そこで、この給水ホルダーを使いました。

中に水を入れ、キャップの穴からガーベラの茎を挿します。それだけでは重みでタニワタリごと下がってしまうので、不要な長い枝をホルダーにつけてフォームに挿し、それを支えにしました。


f:id:flonjun:20200712194818j:image

「一時はどうなることかと思いましたわ😅」とTaさん。

後ろにそんな仕掛けがあることを感じさせない、生き生きした表情のガーベラ。

Taさんがつけた絶妙な角度です👍

 

 

f:id:flonjun:20200713093304j:image

こちらは、ご自宅でいけたMさんの作品。

花材を引き取りに来られた際、流れを簡単に説明しただけで、すべてご自身で生けられました。

Mさんのガーベラはクセのない茎だったそうで、自然のままこのように使うことができました。

3人きょうだいのママさん。日ごろのお疲れが少しでも花で癒されていたら幸いです。

 

 

同じ花材でも、人それぞれのアレンジメント。

皆さまお疲れさまでした😊