はなえも

Flowers in heart

ぐったりしたバラを生き返らせる方法

f:id:flonjun:20200627064513j:plain

こんにちは。

むし暑い日が続きますね。私たちにとっても花たちにとっても、過酷な季節の到来です。

昨日買ってきたバラが一日でぐったりしてしまった…なんて経験をされた方、特に夏場はたくさんいらっしゃると思います。

切り花を楽しみたくても楽しめないでいる方のために、今日は、ぐったりしたバラを再び元気にする方法を紹介させていただきます。

 

そもそも、なぜぐったりしたの?

花は本来、畑で根を張って土の中から水分や養分を吸い上げて生きています。畑から切り取った花が「切り花」と呼ばれ、一般的には、花農家さん→花卉市場→仲卸業者さん→生花店(または量販店)というルーツを経て、私たちの手元に届きます。

市場では、花器業界のプロの方々が大量の花に水を吸わせていますが、私たちの手元に届く間に、茎の中に空気や雑菌が入り、水分が極端に減ってしまうことがあります。この状態を「水が下がる」といいます。水が下がると、花は元気をなくし、ぐったりしてしまいます。

 

花を癒してあげましょう

私たち消費者は、花を買ってきたらそのまま水に挿しておけば、当たり前のようにキレイが続くと思ってしまいがち。たった一日でぐったりされた日には「もう、あそこの花屋には行かない」なんて、買ったお店を恨んでしまう人も少なくないでしょう。

でも、ちょっと考えてみてください。

畑を出発してから遠路はるばる(輸入花は飛行機にも乗ってきます)たくさんの人の手を渡り、やっとたどり着いたゴール地点が、私たちの家です。

水につけてもぐったりしているようなら、きちんと水分が吸い上げられていない証拠。花自身の水を吸い上げる力が弱まっているので、吸い上げを手伝ってあげる一手間が必要です。それを「水揚げ」といいます。水揚げをして、花の疲れを癒してあげましょう。

 

湯あげ

一口に水揚げといっても、その方法は数々あります。

今日は、数ある水揚げの中から「湯あげ」という方法を紹介させていただきます。

水揚げするのにお湯?なんじゃそりゃ?と思う方が多いと思いますが、そうなんです。お湯なんです。お湯につけることによって、茎の中に圧力が加わり空気が膨張、その勢いで水を吸い上げやすくなるのです。

湯あげの仕方は以下のとおりです。

 

f:id:flonjun:20200627090908j:plain

水が下がってぐったりしたバラ。
首がヨレヨレです。

 

f:id:flonjun:20200627095406j:plain

清潔なハサミで茎を斜めに切ります。熱気が当たらないように、バラ全体を新聞紙でしっかり包みます。

 

f:id:flonjun:20200627095522j:plain

80度以上のお湯に10~20秒つけます。茎の中の空気が、小さな泡になって出てきます。泡はいずれ止まります。

 

f:id:flonjun:20200627100007j:plain

お湯から上げて、すぐ深めの水につけます。(ガーベラは深水NG。2cm位の浅い水につけます。)

 

f:id:flonjun:20200627100107j:plain

2~3時間すると、しっかり水が上がって元気になります♬

 

ぜひ試してみてください。

この方法はほとんどの花に向いていますが、ユリや菊、カーネーション、トルコキキョウ、りんどう等は湯あげしても特に効果がないようなので、それぞれ適した別の方法で水揚げします。

暑い夏も一生懸命咲いている花。

「どうせ枯れちゃうし…」とあきらめることはありません。水揚げして、ぜひ数日長く切り花をお楽しみください^ ^